キャッシングの流れ

キャッシングでお金を借りる流れ、まとめ!

キャッシングの流れ|低金利キャッシング@厳選比較

キャッシングでお金を借りるまでの流れ

キャッシングでは、お金をどのように申込むのだろうか?審査までの手続きには面倒はないのでしょうか?知人や友人にバレないのか?など、キャッシングがはじめての方はとくに不安な面がたくさんあるはずです。
貸金業法では、改正後のキャッシングがお金を借りにくくなったというイメージもあるのですが、借り入れ制限の範囲内ならば問題なくお金を借りることができます。いくら借り入れできるかが明確で借りやすくなりました!
当ページでは、キャッシングでお金を借りるまでの流れをご案内していますから、一般的な申込みからキャッシングでお金を引き出せるまでの詳細をご確認ください。

<< キャッシングの申込み方法には、いくつかあります! >>

インターネット(WEB)、電話、郵送、店頭窓口、自動契約機などから申込み方法が選べます。

「誰にもバレたくないから」、「時間がないから」という理由で、最近ではインターネット(WEB)上からの申込みをする方が大変増えています。
インターネットからの申込みは、フォームでの項目を入力する簡単な流れで、本審査の申込みには個人情報が必要です。必要事項を記入したら、送信して申込みが完了します。

審査に通れば、必要書類も添付して送れるので、その流れで契約すればご自分の銀行口座へ振込入金してもらえます。早い場合は即日融資が可能なインターネットからの申込みは、簡単でご自宅に居ても借り入れができるのでぜひともオススメしたい申込み方法です。

一般的なキャッシングの申込みの流れはこちら!

【1】インターネット・・・パソコンやスマホからの申込みは人気!早いカンタンで利用者がとくに多い。
【2】郵送・・・銀行に置いてある用紙やパソコンでダウンロードした用紙を利用する。郵送で送ってから審査をおこなうので今すぐ急いでお金を借りたい方にはオススメできません。
【3】電話・・・インターネットなどは苦手!申込み専用フリーダイヤルからお手軽に申込みをする。。
【4】自動契約機・・・大手の消費者金融会社に多い。必要書類を準備していった方が良い。
【5】店頭窓口・・・直接来店して手続きするのでスタッフ対応で安心できる。必要書類を準備すること。

審査結果は連絡が来る?どのような方法で?

インターネットや自動契約機で申込みすると、とにかく早いキャッシング会社の場合は30分程度で完了します。一般的な銀行などのキャッシングサービスの場合は、1週間ほどかかる場合もあります。
審査は、キャッシング会社が返済能力を見極める作業で、希望している金額を貸しても良いかどうかを判断します。電話・メール・郵送などと場合によっては指定できますが、通常は電話が多いようです。
インターネットの申込みで審査を通った場合には、その場で確認のお知らせ通知が来る場合もあります。

審査時間と審査結果

【1】自動契約機やインターネットからのクイック申込み。
審査時間は、事前審査(簡易審査)と本審査あわせて30分〜1時間ほど。
クイック申込みはインターネットで審査結果が見れる他、自動契約機ではすぐに契約に進むことができます。

【2】一般の郵送・電話・店頭窓口からの申込み。
審査時間は、当日(即日融資)〜1週間ほど。
メール、電話、郵送など、ご自分が指定した方法で審査結果が届きます。
※ 【1】【2】のいずれからの申込みも、審査上の確認や申込書に記入漏れ・ご不明な点があれば、電話やメールで確認する連絡がきますから、真摯にウソや偽りが内容におこないましょう。

キャッシングの申込み方法には、いくつかあります!ページの先頭へ戻る


<< カードはどのように受け取るの? >>

上記のような申込みから、ようやく審査に通過することができました。契約に進み内容に了承した後、キャッシング専用のカードが発行されます。受け取り方法は、店頭窓口でも郵送でもOK!ですし、自動契約機の場合その場で発行されます。
いずれの申込みから受け取る場合も、本人確認書類が必要となることを忘れずに!あらかじめ準備しておくことで、スムーズなカードの受け取りができます。
本人確認書類は、運転免許証や健康保険証などのできれば写真付きの公的な証明書が良いですね。もし、50万円以上の借入を希望する場合には、収入証明証が必要な場合もあります。
こうした必要書類などについては、キャッシング会社の公式HPにある貸付条件に書かれていますから、はじめにしっかりと内容を確認してから申込みするとより良い流れでキャッシングがおこなえることでしょう。

必要な証明書

▼本人確認書類(公的証明書が好ましい)
・ 運転免許証
・ 健康保険証
・ パスポート
・ 住民票
などの個人が証明できるもの。写真付きものが必要です。
上記、いずれも無ければ電気料金などの公的領収書でも可能な場合があります。

⇒ 50万円以上の借り入れをするケース!
所得が証明できるもの(所得証明書、源泉徴収票、納税証明書、確定申告書などから1つ選ぶ。)

⇒ 他社と合わせて100万円以上の借り入れをするケース!
所得が証明できるもの(所得証明書、源泉徴収票、納税証明書、確定申告書などから1つ選ぶ。)

⇒ 専業主婦(夫)が借り入れをするケース!
配偶者の所得が証明できる書類(収入証明書)が必要です。

借入の始め方

キャッシングをはじめるときには、ローンカードを使用して自動契約機・コンビニATM・提携銀行ATMなどからお金を引き出すことが簡単におこなえます。スピード審査で今すぐにお金を借りたい場合には、カードの発行を待たずに先に銀行口座へ振込入金をしてくれるキャッシング会社もあります。
とにかく、急用だからすぐに借りたい!という方への対応は、さすがに迅速で銀行などではちょっと難しいような即日融資にこだわっている大手の消費者金融会社もありますね。
サッとパッと借り入れができてしまうことから、カードでキャッシングしていることを、ご自分の銀行口座から引き出しているような勘違いをしてしまうようです。こうした錯覚にも陥りやすいので、使い方を誤ってしまうと金融トラブルにもなりかねません。計画的な借入と無理のない返済をおこなうように気を付けましょう。

カードはどのように受け取るの?ページの先頭へ戻る


低金利キャッシングはこちら!
[PR]

低金利で最短即日>>

プロミス
プロミス


レディースキャッシング

モビット
モビットならスピーディーな
申込みが可能>>

低金利キャッシングは、多額の借り入れをするときや長期間の借り入れをするとき、特に効果的に返済額を低く抑えることができるキャッシングなのです。例えば、100万円を1年間借りたとき、実質年率が0.5%低いと、単純に返済額は5,000円少なくなることにつながります。このときに適用される実質年率は利用者の信用度により審査によって決められますが、多額の借り入れをするときは、低金利キャッシングをチェックしてみましょう。

 キャッシングとは
 キャッシングの流れ
 キャッシングの借り方と返し方
 キャッシング会社の選び方
 キャッシング会社の種類
 キャッシングの金利比較
 キャッシングの利息・手数料
 キャッシングの優待特典
 キャッシングの信用情報
 キャッシングのリボ払い


キャッシングの貸付条件は、消費者金融の公式サイトで再度お確かめください。※金利は金融情勢により変わる事があります。

キャッシングよくある質問消費者金融登録番号紹介屋に注意しましょう利用規約運営会社サイトマップ

@低金利キャッシング厳選―比較[ご利用案内]

キャッシングの内容や返済についての詳細は、消費者金融の公式サイトで再度お確かめください。実質年率、限度額などは予告無く変更されることがあります。
ご自身でよく確認してからお申込みください。「@低金利キャッシング厳選―比較 」はリンクフリーです。リンクしていただく際、ご連絡の必要はございません。
Copyright (C) キャッシングの流れ|低金利キャッシング@厳選比較 All rights reserved.sitemap.xml