キャッシング会社の選び方

まずキャッシングを選ぶ条件を確認しよう!

キャッシング会社の選び方|低金利キャッシング@厳選比較

キャッシング会社の選び方

キャッシングには、様々な種類がありますから、どのキャッシング会社を選ぶのか?は、誰だって大変迷うと思います。
当ページでは、キャッシングを選ぶ際に気を付けなければいけない注意事項などをまとめてあります。
闇金などの怪しいキャッシング会社に騙されたり、目的とは違うキャッシングを選んでしまい失敗した!ということがないように、ご自分に合ったキャッシング会社を選びましょうね。

<< まずキャッシングを選ぶ条件を確認しよう! >>

キャッシング会社は本当にたくさんあり、借り方や返し方についても多様化しているのが現状です。その中からどのキャッシング会社を選ぶかは、初めての方や急いで借り入れしたい方にとって悩むポイントではあります。

▼ キャッシング選びの条件には、下記のようなポイントが挙げられます。 ▼

1. 安心できる信頼感のある会社であること。
2. 金利や手数料など、返済額が低いこと。
3. ご自分が必要な希望する金額を借り入れできること。
4. 返済の方法・期間が返済できる無理のない計画であること。

上記のような点で、キャッシングを選ぶことになりますが、実際はどうやって確認ができるのでしょうか??

キャッシング会社の選び方|ページの先頭へ戻る


<< 安心できる信頼感のある会社であるか?? >>

キャッシング会社に皆さんがもとめる安心感や信頼感などは、大手であればある程度クリアすることができます。当サイトに掲載しているキャッシング会社も大手で人気・評判の高いようですから、やはりテレビCMなどの宣伝をしっかりと出して続けていると、何だかいつもテレビで見るからとか親近感があるから等の理由から選びやすいようです。
そのほか、皆さんがよく利用してるクレジットカード会社等が発行するキャッシング商品などは利用しやすいと聞きます。特にこちらもテレビCMなどでよく見られるようなキャッシングは、安全・安心で信頼感があると認められる傾向にあるようです。

注意したいのは、電柱に張ってあるようなチラシや雑居ビルにある小さな看板、ポスティングで配られているチラシなども、ぶっちゃけ安心できるかどうかと言うと信用ができませんよね。もしかすると、暴利で有名な闇金なのかもしれません。

インターネットで検索して何度もできてくるようなキャッシング会社は、一般的に問題がない!安心できる信頼感がある!と思っても良いと思います。良いキャッシング会社でないと中々検索に出てこないことは、「実際に検索されているからでてくるんだ!」、または「公式HPも存在して、多くのサイトで宣伝されているからなんだ!」という風に判断することができますよね。

キャッシングするのは止めた方が良い!怪しい!というキャッシング会社は、”金利が他社よりも数段低い”・”審査がない!?”・”返済方法があいまい”などの良いメリットばかりなのです。甘い条件で利用者を引き寄せようとしています。最終的に高い金利で返済を求められたりし、大変な目にあったという方が多いのが現実です。

銀行などは、確かに安全です。しかし、サービス上でキャッシング会社がご自分にあっているかもしれないのです。しっかりと間違いのないような大手のキャッシング会社を選んで利用しましょう。

安心で安全なキャッシング会社の特徴はこちら!

 1. 知名度が高く、聞いたことがある
 2. 金利や審査について、誇大な宣伝をしていない
 3. 他社でNGの方やブラックの方を明らかに誘っている
 4. 担保が必要と言われたり、聞いたことがない書類を作成される
 5. 貸金業でちゃんと登録がされているかどうか


上記のような目安も大切ですが、間違いのない確認用法は金融庁や貸金業協会に登録があるかどうか、闇金業者や注意する業者かどうか、信用情報期間などにリストアップされていないかどうかを確認すること。

キャッシング会社の選び方|ページの先頭へ戻る


<< 金利や手数料など、返済額が低いか?? >>

利息制限法などの改正貸金業法が施行されてから、お金の借りる金利の上限20%まで下がりました。借り入れする金額により設定される金利が異なりますのでご注意ください。いかなる理由でも上限20%を超えてはならないというのが、利息制限法なのです。超えると、違法となってしまいますよ!

現在では、ほとんどのキャッシング会社が20%以内で、金利を提示しているので健全な営業をおこなっているわけです。また、お金を借りれる限度額の上限もきまりました。これは、総量規制と言う法律です。
総量規制は、年収の3分の1までしか借り入れができないことで、いわゆる借り入れ制限がかかります。キャッシング会社もお金を貸しても返済がちゃんとされますし、借りた方も返済困難にならずに済みますね!

貸す側と借りる側が上手くバランスを保ちながら良い関係を築くことができます。借り入れがいくらあるのか?をかキャッシング会社は確認しなければいけませんし、利用者もいくら借りているから後はいくら借りれるか等と言ったようにな明確な借り入れ金額を知りながら、新たな申込みがおこなえますから安心です。

こうして、「貸し過ぎてるな〜」や「借り過ぎて返せない!」などといった返済に困っている方やキャッシング会社でも回収できないで貸し倒れといったことも無くなりました。

キャッシング会社の選び方|ページの先頭へ戻る

<< ご自分が必要な希望する金額を借り入れできるか?? >>

利用する方にとっては、必要な借り入れを規模する金額が決まっています。これは大変重要なことです!
希望する金額を借り入れできるかどうか?は、キャッシング会社の審査次第ではなく、自分次第なのですが現状では年収の3分の1を超えていない場合は借り入れがおこなえる可能性が非常に高いですね。
このように、総量規制による借り入れ制限は大きな影響があります。

もしも、既に借り入れしている金額が年収の3分の1を超えそうなら、もう貸金業であるキャッシング会社に申込みをしてもほとんど借り入れができないですね!こんな時には、総量規制の対象外である銀行へ申込みしましょう。キャッシング会社よりも審査は厳しいですが、なんとか通ることができれば限度額も大きくて、金利も低いような好条件での借り入れがおこなえます。

最近では、銀行系キャッシング会社というのもあります。こちらは消費者金融会社ですから総量規制の対象となりますが、申込みの目的がおまとめ・借換えであったりした場合は、除外や例外と言う対処で総量規制の対象とならないようにもできます。もちろん、借り入れできる限度額も変わってきますので、銀行系キャッシングも知っておくと良いでしょう。

カードローン以外でも総量規制外でできる貸付

▼ 【除外の貸付】総量規制の対象にならない貸付 ▼
  • 不動産購入または不動産に改良のための貸付け
    (そのためのつなぎ融資を含む)
  • 自動車購入時の自動車担保貸付け
  • 高額療養費の貸付け
  • 有価証券担保貸付け
  • 不動産担保貸付け
  • 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け
  • 手形(融通手形を除く)の割引
  • 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け
  • 貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介
▼ 【例外の貸付】総量規制の対象ですが、返済能力があれば貸付OK ▼
  • 顧客に一方的有利となる借換え
  • 緊急の医療費の貸付け
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
  • 個人事業者に対する貸付け
  • 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け

キャッシング会社の選び方|ページの先頭へ戻る


<< 返済の方法・期間が返済できる無理のない計画であるか?? >>

これまで見てきたように、借りたお金の返し方には、たくさんの方法があるのです。
ご自分でしっかりと把握したいのは、返済額に利息を含むか含まないのか?または返済額以外に利息を上乗せするのか?などです。
ほかにも借り方により返済期間が違ってくる場合もあります。一回の借り入れのみ、まだ借り入れできるからと後から追加融資を受けるとさらに返済期間が延びます。
返済期間により、長くなると利息はその分かかりますし、短くなるとその分利息はかかりません。しっかりとご自分が利用するキャッシングはどのような返済方法なのか?確認しておこなわなければ勿体ない支払いを長く続けてしまう恐れがありますよ。

キャッシングはその利便性から、他の金融商品に比べて金利が高いと言われています。便利なので利用すれば良いのですが、長く借り続けるのではなく短い借り入れで必要な分だけ借り入れして、余裕ができればすぐに返済をするほかないのです。これが、キャッシングと上手く付き合う方法なので、返済に困らないように無理のないように借り入れを行いましょうね。

キャッシング会社の選び方|ページの先頭へ戻る

低金利キャッシングはこちら!
[PR]

低金利で最短即日>>

プロミス
プロミス


レディースキャッシング

モビット
モビットならスピーディーな
申込みが可能>>

低金利キャッシングは、多額の借り入れをするときや長期間の借り入れをするとき、特に効果的に返済額を低く抑えることができるキャッシングなのです。例えば、100万円を1年間借りたとき、実質年率が0.5%低いと、単純に返済額は5,000円少なくなることにつながります。このときに適用される実質年率は利用者の信用度により審査によって決められますが、多額の借り入れをするときは、低金利キャッシングをチェックしてみましょう。

 キャッシングとは
 キャッシングの流れ
 キャッシングの借り方と返し方
 キャッシング会社の選び方
 キャッシング会社の種類
 キャッシングの金利比較
 キャッシングの利息・手数料
 キャッシングの優待特典
 キャッシングの信用情報
 キャッシングのリボ払い


キャッシングの貸付条件は、消費者金融の公式サイトで再度お確かめください。※金利は金融情勢により変わる事があります。

キャッシングよくある質問消費者金融登録番号紹介屋に注意しましょう利用規約運営会社サイトマップ

@低金利キャッシング厳選―比較[ご利用案内]

キャッシングの内容や返済についての詳細は、消費者金融の公式サイトで再度お確かめください。実質年率、限度額などは予告無く変更されることがあります。
ご自身でよく確認してからお申込みください。「@低金利キャッシング厳選―比較 」はリンクフリーです。リンクしていただく際、ご連絡の必要はございません。
Copyright (C) キャッシング会社の選び方|低金利キャッシング@厳選比較 All rights reserved.sitemap.xml