キャッシングの信用情報

キャッシングの信用情報とは?

キャッシングの信用情報|低金利キャッシング@厳選比較

キャッシングの信用情報とは?

ご自分がどれくらいお金を借りているのか?返済の方は問題なくおこなっているのか?こんな内容が知らない方に知られていたとしたらいかがでしょうか?
実は、信用情報機関ではそのような個人情報を管理していて全て登録されているのです。何だかあまり気持ちのいい感じはしませんね!
しかし、それが公に認められているところが信用情報機関なのです。主だったところには、【全国銀行個人信用情報センター】・【日本信用情報機構(JICC)】・【シー・アイ・シー(CIC)】の3つがあります。銀行系・信販系・流通系・消費者金融系など数多くあるキャッシング会社はどこもどれかに加盟しているはずなので、申込みのあった利用者の方の個人情報を調査することができます。
※各金融機関は、利用者の個人情報取り扱いの同意を得る必要があります。

<< キャッシングの個人情報が集められている >>

キャッシングを利用されている方の状況は、常に日ごとに信用情報機関に登録されているとお考えください。キャッシング未経験の方は、もちろん登録がないので誰にも知られていませんね。

キャッシングには、銀行や消費者金融会社などのようにいくつかの金融機関を利用する場合がありますが、いずれから借り入れしても信用情報機関に登録されることになっています。クレジットカードや住宅ローン、教育ローンでも同様の取り扱いです。氏名・生年月日・電話番号・勤務先・債務残高・返済状況・遅延/延滞等の金融トラブルといった内容がすべて信用情報機関に集められて、項目に準じて一定の期間だけ保存されます。

個人の信用情報の取り扱いには、キャッシング会社がデータの登録や開示の同意をもっておこなうことができるようになります。【全国銀行個人信用情報センター】・【日本信用情報機構(JICC)】・【シー・アイ・シー(CIC)】の3つは、密につながっておりますからキャッシング会社からの審査時の照会なども併せておこなうことができるようになっています。

キャッシングでお金を借りるには、審査に通らなければなりません!

審査にはキャッシング会社による独自の審査のほかにも、過去〜現在までの利用者の借り入れ状況を確認することができます。信用情報機関における内容で、遅延/延滞などの金融トラブルがあればすぐに審査に影響を及ぼすことにもなりかねません。

キャッシングでお金を借りていなくても、最近の携帯電話は分割払いで購入する傾向がふつうになったり、大学生になった際に奨学金を借り入れしたりすることは、一般的にみなさんがおこなっていますよね。
キャッシング会社は、審査ではこのような返済でも「”信用”をはかるのには十分だ!」と言います。返済能力に違いはあっても結果として返済した・しなかったの2つに分かれますから、そこをキャッシング会社は何よりも重視しています。確かに思いがけない何かがあったりしたのかもしれませんが、過去から現在までの返済履歴からも想像できるイメージという点でもキャッシング会社はプロですから判断することができると言います。

いかなる理由があっても、こうした信用情報機関の照会でも、信用があってこそ今回申込んだ審査を通らなければキャッシングでお金を借りることができないわけなのです。万が一にでも、審査に落ちてしまったら信用情報機関でご自分のデータを開示することもできます。下記に詳しい内容を記載してありますが、開示するにはお金がかかります。申請も郵送・ネット・窓口等選べます。そして、ようやく自分の信用情報をみることができるのです。また、審査に落ちなくても気になる方はご覧になると良いでしょう。忘れてしまった若かりし頃の借り入れ状況などがでてくるかもしれませんよ!

キャッシングの信用情報|ページの先頭へ戻る


<< 信用情報機関とは?本人による情報の開示もできる >>

■全国銀行個人信用情報センター

主に銀行系列で、情報の開示を郵送にて申請することができる。
申請の費用には、1,000円ほどかかるようです。

■日本信用情報機構(JTCC)

主に消費者金融、信販系列で、情報の開示を郵送、窓口、ネットにて申請することができる。
申請の費用には、郵送、ネット:1,000円ほど、窓口:500円ほどかかるようです。

■シー・アイ・シー(CIC)

主にクレジットカード会社系列で、情報の開示を郵送、窓口、ネットにて申請することができる。
申請の費用には、郵送、ネット:1,000円ほど、窓口:500円ほどかかるようです。

※詳細は各信用情報機関の公式HPでご確認ください。

キャッシングの信用情報|ページの先頭へ戻る


★キャッシングの信用情報<まとめ>


キャッシング会社は、お金を借りたいという申込み者がいてはじめてお金を貸します。
その際に、今すぐにお金が必要である方やできるだけ低金利で借りたい方までいろんな方がいるわけです。では、当然あらわれたような見も知らない方にどうやってお金を貸すことができるでしょうか?

キャッシング会社ごとに独自の審査基準を持っているのですが、それだけでは判断できないのです。それは過去のお金の借り入れから現在に至るまでのようなお金の癖が解りません。その方がどれくらいお金にしっかりとした方なのかは読めませんね!

そんなときのために、信用情報機関に加盟しているわけですね。「あっこの方は過去に返済が遅れたことがある!?」、「えっこの方は他からも借り入れをしている!?」などのような利用者が申告していない、または申告を忘れているようなことまで解ってしまいます。

とりわけ、お金がないので借りに来ているわけですが、実際に年収も多いし過去の履歴にある会社に今でも勤めているなどといったことも確かめることができますね。こんなことは信用情報機関のネットワークに加盟しているからこそ確認ができることなのです。キャッシング会社の独自の審査?融資担当者の力量?などからしても知り得ることができないような情報です。

キャッシングの信用情報には、開示請求が自分でもおこなえます。しかし、そんなことに時間を使うよりも他のキャッシング会社等を比較して、ご自分にピッタリのキャッシング会社を選ぶことに時間を費やすことの方が大事では無いでしょうか??今現在のご自分をしっかりと信用してもらえるように努力に勤めることが第一なのですよ。

キャッシングの信用情報|ページの先頭へ戻る

低金利キャッシングはこちら!
[PR]

低金利で最短即日>>

プロミス
プロミス


レディースキャッシング

モビット
モビットならスピーディーな
申込みが可能>>

低金利キャッシングは、多額の借り入れをするときや長期間の借り入れをするとき、特に効果的に返済額を低く抑えることができるキャッシングなのです。例えば、100万円を1年間借りたとき、実質年率が0.5%低いと、単純に返済額は5,000円少なくなることにつながります。このときに適用される実質年率は利用者の信用度により審査によって決められますが、多額の借り入れをするときは、低金利キャッシングをチェックしてみましょう。

 キャッシングとは
 キャッシングの流れ
 キャッシングの借り方と返し方
 キャッシング会社の選び方
 キャッシング会社の種類
 キャッシングの金利比較
 キャッシングの利息・手数料
 キャッシングの優待特典
 キャッシングの信用情報
 キャッシングのリボ払い


キャッシングの貸付条件は、消費者金融の公式サイトで再度お確かめください。※金利は金融情勢により変わる事があります。

キャッシングよくある質問消費者金融登録番号紹介屋に注意しましょう利用規約運営会社サイトマップ

@低金利キャッシング厳選―比較[ご利用案内]

キャッシングの内容や返済についての詳細は、消費者金融の公式サイトで再度お確かめください。実質年率、限度額などは予告無く変更されることがあります。
ご自身でよく確認してからお申込みください。「@低金利キャッシング厳選―比較 」はリンクフリーです。リンクしていただく際、ご連絡の必要はございません。
Copyright (C) キャッシングの信用情報|低金利キャッシング@厳選比較 All rights reserved.sitemap.xml